TEXTURE

CREATE

ジーンズが生まれたのは1800年代後半。
炭坑夫や金坑夫など肉体労働者のための作業着として、アメリカで誕生しました。

原点は、できるだけ安いコストで丈夫な物を作ろうという実用性重視の発想にありました。

1940年代~50年代になると、ハリウッド映画の影響も相まって、ジーンズは若者を中心にファッションとして穿かれるようになります。それが一般に定着してくると、商業製品として進化し始めたのです。

1960年代~80年代にはアメリカのみならず世界中に需要が拡大し、大量生産により均一化されていきました。


・・・しかし、その過程において何か忘れられていったものはないだろうか?ジーンズにおけるベストクオリティーとはなんだろうか?

現在のジーンズの改良すべき点を追求していくと、答えはおのずと1940年代~50年代に見い出すことができます。
実用性とファッション性を兼ね備え、長く愛用できる物づくりが試されていた時代。

FULLCOUNTではそうしたジーンズ本来の良さを求め“物”としての価値を再構築したいと考えました。

ジーンズが人々を魅了する一番の理由は、それを購入し初めて身に付けた時点からジーンズの寿命が来るまでの間、その人の人生と共に輝きを増していくからなのです。

TEXTURE

FULLOUNTのジーンズは、綿花の中でもハイクオリティーとして名高いジンバブエコットンを使用しています。

ジンバブエコットンはアフリカの大自然の恵を受け、じっくりと大きく育てられています。
すくすくと育った綿花を完全に開ききったところでひとつひとつ手摘みし綿カスなどの不純物を取り除きながら収穫しています。

繊維を傷つけないよう機械に頼らずほとんどの作業を人の手によって収穫した綿花は、細く均一な長さのものが収穫でき、 一本一本の繊維長が長いことから超長綿と呼ばれています。

繊維長が細く長いため、継ぎ目の少ない余裕を持たせた甘撚りの丈夫なムラ糸を作ることができ、 この糸のゆとりが軽さと、肌に柔らかく馴染むような伸縮性、汗を十分に吸収し排出する特性に繋がっています。

最高級の天然素材を100%使用しているからこそ、穿きやすくて耐久性に優れたジーンズが実現できたのです。
従来の”重くて固く”、穿きにくい”というジーンズのイメージや”重いほど丈夫”という デニムの解釈が誤りだということは、原材料に立ち返って考えればクリアになるはずです。

MAIL MAGAZINE

ミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

退会すると購入履歴、獲得ポイントなどの情報が全て消去されます。

本当によろしいですか?